【お知らせ】このブログは「The Arts and Investment Studies」のサテライト版へと生まれ変わりました。メインブログの更新状況は「新着情報」をご確認ください。このブログはサテライト版としてメインブログとは切り口を変えた記事を掲載します。引き続き当ブログも御愛顧いただければ幸いです。 (2015年9月19日)
新着情報
2015年12月30日

2015年12月にPVの多かったメインブログのエントリー5題

いよいよ2015年もあとわずかです。今年1月からブログをスタートさせたわけですが、途中にサイト移転もあって、現在このブログはサテライト版としてまったりと更新してきました。2016年もこの調子で当ブログを継続する予定です。引き続きメインブログ、The Arts and Investment Studiesの更新情報も発信します。そんなわけで2015年12月PVの多かったメインブログのエントリー5題を紹介します。

続きを読む
タグ:更新情報
2015年12月27日

今月の積立投資(2015年12月特定口座)−個人投資家の投資対象は株式、債券、REITで十分だ

(この記事はメインブログ、The Arts and Investment Studiesとのダブルエントリーです。)

早いもので2015年もあとわずかです。もう仕事納めで正月休みに入った人も多いのでは。私も本来は25日で仕事納めだったのですが、社長の一声で26日に土曜出勤して、会社の大掃除と忘年会やるという残念なことに。あいかわらず中小零細企業の悲しさで、休みが少ないです。今年は相場の方もいろいろとあって、全体としては冴えない1年だったように思います。そんな年の瀬に、ちょっと驚くニュースも入ってきました。あの内藤忍さんが推奨していたワインファンドが金融商品取引法違反で登録取り消しという重い行政処分を受けてしまいました。

株式会社ヴァンネットに対する行政処分について(財務省関東財務局)

まえまえからワインファンドのような不透明な金融商品に投資するのは危ないと感じていたのですが、案の定、最悪の結果となってしまったようです。内藤さんは私がインデックス投資について勉強し始めた頃には、いろいろ影響を受けた専門家の一人でしたので、こんなことになるとは一抹の寂しさを感じます。はっきり言いますが、私は個人投資家にコモディティ投資は不要だという立場をとっています。このことは旧ブログでも書きました。
【関連記事】
コモディティ投資は個人投資家にとって“無理ゲー”(アーツ&インベストメント・スタディーズ(別科))

個人投資家が投資する対象は、株式、債券、REITぐらいで十分です。そういうわけで、2015年12月もインデックスファンドを淡々と買い付けました。今年の投資はこれで終了です。

続きを読む
タグ:積立投資
2015年12月22日

2015年12月の個人型確定拠出年金積立と11月の運用成績

早いもので、もう12月となり2015年もあとわずかです。予想されていたことですが米国の利上げもあて、世界の株式相場は新しい段階に入ったともいえそうです。日本の株式市場も、なんだかフラフラしていて心もとないですね。新興国は、あいかわらずグダグダです。そんなまだら模様の市場環境ですが、個人型確定拠出年金の積立が淡々と実行されました(11月拠出分)。あいかわらず市況がパッとしないので、拠出開始来の運用利回りは年利換算5.52%となり(12月20日現在)、前月から少し低下しました。
(この記事はメインブログ、The Arts and Investment Studiesとのダブルエントリーです。)

続きを読む
2015年12月20日

千人隊長が前面に-セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの券面デザインが変更




年会費格安のプラチナカードとして有名なセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの券面デザインが知らないうちに変更されていました。セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードなどと同様に、AMEXの象徴であるセンチュリオン(千人隊長)を前面に出したデザインとなっています。



このデザインに関しては賛否の分かれるところなのですが、よりAMEXのイメージを強めたということです。

続きを読む
2015年12月16日

カブドットコム証券がDIAMの「たわらノーロード」と三井住友AMのDC専用ファンドを取り扱い開始へ

すでに何人かのインデックス投資ブロガーさんが報告していますが、カブドットコム証券がDIAMアセットマネジメントの超低コストインデックスファンドシリーズ「たわらノーロード」と、同じく超低コストな三井住友アセットマネジメントの確定拠出年金(DC)専用ファンドの取り扱いを開始します。たわらノーロードは2015年12月28日から、三井住友・DC専用ファンドは2015年12月21日からカブドットコム証券で買うことができます。

DIAMアセット・三井住友アセットの低信託報酬インデックスファンド新規取扱開始(カブドットコム証券)

カブドットコム証券は、売買手数料無料の「フリーETF」があり、私も愛用しているのですが、楽天証券に続いていち早く超低コストインデックスファンドシリーズを取り扱うという姿勢に好感を持ちました。

(この記事はメインブログ、The Arts and Investment Studiesとのダブルエントリーです。)

続きを読む
スポンサードリンク