アーツ&インベストメント・スタディーズ〜国際分散投資の研究と実践(別科) > 2016年5月の個人型確定拠出年金積立と運用成績
【お知らせ】このブログは「The Arts and Investment Studies」のサテライト版へと生まれ変わりました。メインブログの更新状況は「新着情報」をご確認ください。このブログはサテライト版としてメインブログとは切り口を変えた記事を掲載します。引き続き当ブログも御愛顧いただければ幸いです。 (2015年9月19日)
新着情報
2016年05月29日

2016年5月の個人型確定拠出年金積立と運用成績

定例の個人型確定拠出年金ウオッチです。じつは現在、SBI証券の個人型確定拠出年金プランへの移換申し込みをしているのですが、手続きに2カ月程度かかるので、5月も琉球銀行で買い付けが行われました(2016年4月拠出分)。拠出開始来の運用成績は年利換算−0.6%となりました(5月23日現在)。安心してください、再び含み損状態に転落です。またもや新興国株式が下げているので、新たに投入した資金がどんどん溶けて残高総額がまったく増えない状態です。(続きは、こちら

【ご参考】
SBI証券確定拠出年金積立プランで低コストインデックスファンドのラインアップが拡充され、大幅にパワーアップしました。残高50万円以上で運営管理手数料が無料になることを考えると、もはや個人型確定拠出年金の選択肢としては一択の状態です。
【関連記事】
SBI証券の個人型確定拠出年金プランが大幅パワーアップ―商品ラインアップ拡充で選択肢として最有力に

これまで琉球銀行で拠出してきましたが、これを機にSBI証券に移換する予定です。すでに資料も請求しました。SBI証券の個人型確定拠出年金プランは新規加入も運営管理金融機関移換もネットから無料で資料請求できます。⇒SBI証券確定拠出年金積立プラン

また、個人型確定拠出年金については竹川美奈子さんの金融機関がぜったい教えたくない 年利15%でふやす資産運用術と岡本和久さんの自分でやさしく殖やせる 「確定拠出年金」最良の運用術が非常に参考になります。関心のある方は、こちらも一読をお薦めします。



スポンサードリンク